FC2ブログ
すっかり朝夕肌寒くなってきましたね。

季節の変わり目、お身体にお気をつけください。

今週は、仙台で2日間にわたってコンサートをさせて頂きました。

昨日は、東京駅そば丸の内トラストシティーさんでの「ランチタイムコンサート」に!

視覚的にも刺激的な連弾曲の数々を披露してきました。

コンサート後。「こんな連弾はじめて耳にしました!」「まるで6手(3人)で弾いているようだ!」というご感想を頂けて、ますます連弾の魅力をお伝えしていきたいと奮起しています。


デュオブログでコンサート記を書いています。ご覧いただけましたら嬉しいです!

http://ameblo.jp/ayumasaduo/




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
珍曲祭

知られざる名曲の目覚めの舞台「珍曲音楽祭2013」in西宮

6月8日西宮のスタインウェイホールで、昨年に続き出演させて頂きました。

音楽祭プロデュースは、カプースチンからソナタを献呈された世界のT氏。関西、東京他からピアノ弾き14人が集い、30人の作曲家による全41曲。

日本音楽コンクールや、アマチュアコンクールの覇者たち、珍曲界の強者たちが集結。

コンサートの告知はなく、30名のホールは演奏者=観衆と招待された方のみ。

「未録音・世界初演」「日本初演」「関西初演」「超絶最難曲」のオンパレードとなりました

珍曲祭の最高峰フーズムに匹敵かもしれません。

目の前でくりだされる名演に、興奮と熱気に満ちる会場

私はブラジルの作曲家グァルニエリ(没後20年)のポンテイオ、ニャターリの「カポエイラ」「ノクターン」(没後25年)<関西初演>、コールマン=マインダース編曲「ウィッチクラフト」<日本初演>を演奏。

「ウィッチクラフト」はフランク・シナトラが歌うラブソングのスタンドナンバー。

オランダ人ピアニストのマインダースがラテン色たっぷりに編曲。

これがカッコいい!しかしラテンのリズムは難しい!

本当に緊張する舞台でしたが、刺激たっぷりの一日をありがとうございました。

来年は、さらに珍曲度がアップしそうな予感

知らぬ名曲との出会いほど刺激的な瞬間はありません。

クラシックファンは、耳が肥え新しいものを求めているのではないでしょうか。

きっとこれからの音楽界は、珍曲にますますスポットがあてられていくことでしょう。

でも珍曲は珍曲であってほしい、複雑な気分です(笑)


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
ひこにゃんのおひざ元、彦根のピティナステップに行ってきました。

ステップのトークコンサートで妻との共演は、今回が全国初となりました。

11月には、仙台と埼玉でのステップにもお呼び頂いているので、今からとっても楽しみです

彦根でのステップトークコンサートについては、デュオブログで書いています。

ひこにゃんにも会えました!

ご覧頂けましたら嬉しいです

http://ameblo.jp/ayumasaduo/entry-11537484714.html


トークコンサートでの写真は、こちらで掲載頂いています。

http://branch.piano.or.jp/hikone/column/2013/05/19_005814.html#more

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
  
雪の北海道、室蘭市で「学校クラスコンサート」をしてきました。

デュオブログに更新しましたので、訪問ください

進化系ピアノデュオ”連弾map”>
http://ameblo.jp/ayumasaduo/entry-11464564018.html


今回のコンサートは、新聞取材が入りました。WEBNEWでも掲載されましたので、ご覧ください。

室蘭民報ニュース
http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2013/02/05/20130205e_01.html


伊賀&山口 学校クラスコンサート


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村



山口雅敏 伊賀あゆみ 逸翁美術館 マグノリアホールにて


Merry Christmas! Joyeux Noel! Счастливого Рождества!


今年最後となった逸翁美術館マグノリアホールでのコンサート。

年末のお忙しく寒さ厳しい中、ご来場頂きまして本当にありがとうございました。

心よりお礼を申し上げます。


皆様のおかげで終えることができました。故郷関西での演奏は毎回、格別の想いです。

最後に演奏した私が連弾編曲した「結婚行進曲<ホロヴィッツへのオマージュ>」を弾き終えアンコールへと準備すると、妻が鍵盤につく血痕を発見。

指を見てみると爪から血が。。アンコールは、レーガ編曲「きよしこの夜」に宝塚歌劇団「すみれの花」をコラボさせてみました。もう1曲は、切れた指での「剣の舞」(笑)でした。

来年もピアノデュオの魅力、楽しさを共感して頂けるように、ますます精進していきたいです。


クリスマスの今宵にぴったりの曲のご紹介です。

E.ガランカが、ウィーンでのクリスマスコンサートで歌い話題となったWゴメス作曲の「アヴェ・マリア」。

3年ほど前に、歌手の知人から楽譜が未出版のため採譜依頼されました。今回でのコンサートでは、歌とピアノ版として編曲したものを、ピアノ連弾に編曲し披露しました。

ゴメスは、メキシコのギタリスト。南米ならではの情熱的な旋律に心つかまれる 「アヴェ・マリア」です。


どうぞ素敵なイブをお過しください








にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
現在の閲覧者数: