上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラ・フォル・ジュルネ・エリアコンサート終了しました。

今年も丸の内は音楽で一色になりましたね♪

お越しくださいました皆さま本当にありがとうございました!

聴衆のお子さまとのサプライズ一本指連弾では素晴らしい共演ができ、アンコール曲ではホイッスルも一緒に吹いてもらいました♪

一本指連弾(山口編曲)「ピンクパンサー」では、この曲の怪しい雰囲気の音で奏でてくれました♪

ホイッスルも4人のお子さんが元気いっぱいに鳴り響かせて、とっても楽しかったです。

共演参加ありがとうございました!

初対面でも一緒に演奏を楽しめるのが音楽の醍醐ですね!

私の連弾編曲によるファリャ「火祭りの踊り」のも世界初演ができました、さらに音を加えパワーアップさせていきたいです。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
イブはクリスマスコンサートを行いました

いつも応援くださっている地元の方々を中心にいらして頂きました。

伊賀 山口 1

ソロでラフマニノフのソナタ第2番(ホロヴィッツ版)も盛り込み、今年を締めくくる
「ホロヴィッツへのオマージュ・プログラム」ビックリマーク

ホロヴィッツ版は、ラフマニノフの了解を得て、初版と改訂版の良いところを折衷させたヴァーションです。

さらにホロヴィッツ独自の音の追加でよりヴィルトオーゾに。

学生の頃に楽譜のないホロヴィッツ版にはまり、録音から採譜&作成しました。



伊賀 山口 5

開演時間もホロヴィッツコンサートタイムの4時開始にしました(笑)。




後半は、サンタクロース色の衣装で音譜

アンコールは、ホロヴィッツは関係ありませんが、

クリスマスにぴったりな雰囲気の美しい ゴメスの「アヴェ・マリア

後期ロマン派の大巨匠マックス・レーガーが編曲した「きよしこの夜」♪でした。

伊賀 山口 3

伊賀 山口 2


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
21世紀のヴィルトォーゾシリーズ第2回(タカギクラヴィア主催)は、

感無量のコンサートとなりました!!(11月8日開催)

想いの詰まった今回のコンサートへお越しくださいまして本当にありがどうございました。

満員となり少し窮屈だったかもしれませんが、多くの方々にお聴き頂けましたこと大変感激しております心より感謝申し上げます。

敬愛するホロヴィッツのスタインウェイ〈CD75〉で彼の作品、編曲をお聴き頂けてもう言葉になりません。

「〈CD75〉の想像を超える凄まじい響きに圧倒された」と沢山のご感想を頂いています。

私たちの4手でホロヴィッツ・サウンドをお楽しみ頂けたこと嬉しいです!

ホロヴィッツファンの方々にも沢山お集まり頂きいつも以上に会場の熱気を感じました。

ホロヴィッツがご縁での大切な知人の輪がこんなにも広がっていたとは

今回のコンサートでまた新たな出会いも芽生えました。人生を変えてくれたマエストロに感謝です。

ホロヴィッツよ永遠なれ

新譜「Homage to HOROWITZ on 4Hands」もお求めくださいまして感激しております!

コンサートレビューを早速、写真満載で公開してくださっています。ありがとうございます!
http://horowitz.keyboard-tie.shop-pro.jp/?day=20141110

書いてくださったのは、宮崎から駆けつけてくださった蝶ネクタイマニアの有村英仁さん。

高木社長とお揃いで着けることができたホロヴィッツ愛用の「鍵盤柄蝶ネクタイ」、伊賀が着けていた真っ赤な「カルメン変奏曲スカーフ」を製作くださった方です。

お客様の中にカルメンスカーフを鞄に結びつけてお越しくださっている方もおられました。こちらのサイト(http://keyboard-tie.shop-pro.jp/)でお求めになられますよ。


コンサート中にご紹介できませんでしたが、「ホロヴィッツの遺産」というとてつもない本が発売されました。まもなくアマゾンや書店で販売開始されます、後日くわしく投稿いたします!


Facebookでは、ホロヴィッツが愛用した鍵盤蝶タイ、赤い「カルメン変奏曲」スカーフを
着用した写真や、コンサートでご紹介したホロヴィッツの最初の録音(1926年welte-mignon、
1928年Duo-Art)となったピアノロールなどの写真も公開しています。
こちらのページ→https://www.facebook.com/ayumasaduo

今回のコンサートの主役

CDのレコーディングにも使用した、スタインウェイ<CD75> 1912年製

ホロヴィッツの魂宿る究極のスタインウェイ。この楽器の響に包まれると強烈なイスピレーションを受けます。

ホロヴィッツの魔術的なピアニズムから離れられなくなるようにこの楽器の虜になります。






にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
一昨日は、愛知県小牧市で音楽の1日!

ピティナピアノ・小牧ステップでアドバイザーとトークコンサートをさせて頂きました♪



竹本絵己先生代表をされるKomaki桃花ステーションによるステップは今年10周年。
記念の回にお呼びくださって嬉しかったです。

心かきたてられる熱演の数々、そして初参加のお子さん方の堂々たる演奏!

トークコンサートでは、子供の頃に憧れた曲を演奏させて頂きました。

ご一緒させて頂いたアドバイザーの先生方との親睦会では、深夜まで話しが盛り上がり興奮のあまり記念撮影を忘れてしまいました(T-T)。

素晴らしい出会いに感謝です。お世話になりました、ありがとうございました。

私は小学生の数年間を名古屋で過ごしたので、路線図を見てはたまらなく懐かしくテンション上がりっぱなしでした。

はじめて覚えた名古屋弁は「ケッタ」でした

滞在中に、名古屋コーチン鍋を食べ。名古屋駅直結の高層商業ビル「ミッドランドスクエア」に上り、街並みを眺めてきました。

東京のような新丸ビルのような雰囲気です、エレベーターホールを覗くと足のひるむ高さ。高速エレベーターは、私にとってはタワー・オブ・テラーでした(笑)

またの名古屋の訪れを願いたいです!

写真1 会場をようやく撮れたらすでに撤退中…お花が飾られた可愛い舞台だったのですよ。



写真2 休憩中に頂いた名古屋コーチンまんじゅう。



写真3 ミッドランドスクエアからの絶景、眼下には名古屋駅




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
タカギクラヴィア松濤サロンでのデュオリサイタル、お陰様で満員御礼の熱気に満ちたコンサートなりました。

お越し頂きまして本当にありがとうございました、また励ましのメッセージにも心よりお礼を申し上げます。

懇親会では、お越しくださった方々との幸せのひと時。いっそうの進化系デュオを目指していきたいです

終演後に高木社長からとてつもないサプライズを頂けました。

デュオブログをご覧頂けましたら嬉しいです。
http://ameblo.jp/ayumasaduo/entry-11715998153.html?frm_src=thumb_module


CDブックレットに感動の文を寄せてくださった、夏井睦先生にもお越し頂けました。
夏井先生のHPでもコンサートについてご紹介頂けています。どうもありがとうございます!
「神宿るピアノ」に触れることなく感動されていたお姿が印象的でした。
http://www.wound-treatment.jp/new.htm#1202-06:00-8



PhotoGrid_1385371389122-1.jpg



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: