上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月5日は敬愛するホロヴィッツの没後26年。そしてCD「ホロヴィッツへのオマージュ」をリリースして1周年でした。

それを記念して収録曲でもある「スーパー・カルメン幻想曲」の演奏映像を初公開ですI

ホロヴィッツの超絶曲、ビゼー「カルメン」の主題による変奏曲を私が連弾にリメイクした作品です。


ホロヴィッツが生涯にわたり演奏し続けた、ビゼーの「カルメン」の第2幕冒頭「ジプシーの歌」に基づくホロヴィッツによる変奏曲は、彼のトレードマークでした。


華麗で次々と繰り出される超絶技巧、洒落た作風はホロヴィッツのピアニズムを最上の形で披露するにうってつけだったのです。

聴衆にとっても、この曲をライブで聴ける瞬間を待ち望み、ホロヴィッツがアンコールで、「カルメン」と告げると、それだけで熱狂の拍手が鳴り響くほど。


ホロヴィッツは、1923年にモシュコフスキーのピアノ編曲をヒントに「カルメン変奏曲」を書き上げ、55年以上に渡りこの変奏曲に手を加え続けました。


最初の録音は、23歳の時の1926年にピアノロールで行い、続いて1928年(ピアノロールスタジオ録音)、1947年1957年(ロングバージョンで録音が長らく公開されなかったので、マニアの中では幻のカルメンと呼ばれている)、1967年1968年(有名なon TV コンサート)、1978年(アメリカ大統領カーターに招かれてのホワイトハウスコンサート)のスタジオ録音やライブ録音も聴くことができます(さらに複数の録音が存在する)。

※年代をクリックするとされぞれの録音(YouTube)を聴く事ができます。

連弾編曲にあたりまずホロヴィッツの録音から採譜し、全バージョンを融合させ、さらにホロヴィッツ風のパッセージを存分に加えました。

箇所によっては、異なるバージョンをプリモとセコンドで同時に演奏するようにしています。

曲の冒頭は、最初の1926年版の前奏からはじまり(前奏が付けられているのは、1926年と57年版のみ)、曲の締めくくりは、最後の版である1978年と幻の57年版を同時に弾いています。カルメン変奏曲の歴史を集約させてみました。


ホロヴィッツへの敬愛が膨らみすぎて、とんでもなく難しい作品に(笑)IIIIIII

ホロヴィッツが最も恋し弾いた伝説の名器「スタインウェイ(CD75)」での演奏をお聴きください!

ホロヴィッツとCD75に捧げます。

https://www.youtube.com/watch?v=IYomwbqlZIg





CD「ホロヴィッツへのオマージュ」をご購入ご希望の方はこちらもご覧ください↓
http://ameblo.jp/ayumasaduo/entry-11967023041.html



【近々のコンサート情報】
2015年12月21日(月)10:30~12:30
大阪・池田市フェリーチェホールにて、連弾レクチャー&コンサート
受講のお申し込みと詳細はこちらをご覧ください。
http://www.piano.or.jp/seminar/list/smmb_s_info/2012635

2015年12月23日(祝・水)14:00開演
大阪・池田の逸翁美術館マグノリアホールにて「クリスマス・コンサート」
詳細・チケットご予約はこちらをご覧ください。
http://www.hankyu-bunka.or.jp/sys/topics/article/363


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村


Facebookも応援「いいね!」もお願いしますI
https://www.facebook.com/ayumasaduo
スポンサーサイト
メリークリスマス!

皆さまにとって幸せに満ちた日々となりますように!!

クリスマスにもぴったりな曲、ゴメス作曲「アヴェ・マリア」をYouTubeに公開しています。
幻想的な光景広がる巨大洞窟で演奏したMV第3弾です。

ウィリアム・ゴメスはメキシコのギターリストで作曲家。
名メゾ・ソプラノ歌手エレーナ・ガランカが、ウィーンでのクリスマスコンサートでオーケストラをバックにこの「アヴェ・マリア」を歌い、感動と反響を呼んだ美しい曲です。

この曲に一瞬して心奪われ、ガランカのYoutube映像から採譜し、手の交差も含んだ進化系連弾アレンジにしました。

コンサートで度々演奏していますが、嬉しいことにゴメラー(ゴメスファン)が増えていってます!

音楽でのクリスマスギフトです♫。
https://www.youtube.com/watch?v=PIfn3-m5XP8





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村

巨大地下空間でのPV映像完成しました

古代の巨大神殿に迷い込み発見した1台のピアノ。

そのピアノは、4手をアクロバティクに進化させてくれました。

第一弾は「星条旗よ永遠なれ」です。

昨年発売したCD「4Hands EVOLUTION」にも収録している一曲です。





「連弾演奏を映像でも見てみたい」というお声を沢山いただくようになり、おもいきって映像作りに踏み出しました。

構想を練り始めたのがちょうど一年前でした。

この夢のような大企画を実現してくださった関係者の皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

その時の撮影記はこちらへ。

大谷採石場跡の神秘的な空間とともに、お楽しみ頂けましたら最上の喜びです

第2、第3弾もあるので続けて公開できればと思っています!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
先月GWに出演頂いた、ラ・フォル・ジュルネ・エリアコンサートの映像第一弾を公開しました。


曲後半にサプライズ登場する、ローゼンブラット氏の連弾曲「ロシアの主題によるコンチェルティーノ」とアンコールの演奏です

アンコール頂けた声援に、熱くなりました。演奏後の拍手やお客さんの笑顔は何よりの喜びです。
本当にありがとうございました!


東京ビルTOKIAに置かれていたピアノは、ホロヴィッツのピアノ<CD75>を所有されている、タカギクラヴィーアさんのスタインウェイ。このピアノも巨匠時代の音がする名器でした。


演奏曲は、幸運にもローゼンブラット氏から私たちの結婚祝いにと楽譜をプレゼントしてくださった、とても大切な作品です。


ご覧頂けましたら嬉しいです!。


<曲目解説>

ニコライ・トカレフの演奏で知れ渡った、アレクサンドル・ローゼンブラット(1956~ )は、現在も活躍中のユダヤ系ロシア人作曲家・ピアニストで、クラシックにジャズ、ロック、ラテン音楽を融合させた、ユニークで刺激的な作品を書いています。耳慣れた「カルメン」「白鳥の湖」や「鉄腕アトム」までもローゼンブラットの手にかかると新たな作品へと生まれ変わります。「2つのロシアの主題によるコンチェルティーノ(1997)」は、世界的にも有名なロシアの民謡「モスクワの夜」「カリンカ」の旋律が使われたヴィルトゥオーゾな作品です。前半はラフマニノフを想わせられるロマンティックな「モスクワの夜」 。つづく後半の「カリンカ」は、激しいリズムとジャズによる、コサックダンスが繰り広げられます。そして訪れるクライマックスでは、・・・・・!。

http://www.youtube.com/watch?v=ONtOamOr7sQ






にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村

今年10月22日に、200歳を迎える”ピアノ王”フランツ・リストが

トムとジェリーによるハンガリー狂詩曲(ラプソディー)第2番を観覧しています!?

テレビの中で繰り広げられる可愛いコミカルな演奏に、さすがのリストも心では笑い転がっているのではないでしょうか

このリストの代表曲が、世界中の子供から大人まで親しまれるようになったのには、トムとジェリーの功績は大きいですね。

私も、子供の頃に見た、この二人の名演と燕尾服姿を鮮明に覚えています。

リストの曲と知ったときは、衝撃でした(笑)


http://www.youtube.com/watch?v=lxTcLYUKH5k




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: