FC2ブログ
東京に戻る新幹線、到着までの制限時間、今日は、ipodを耳にしながら採譜に燃えました


時折、ビールの栓を空ける音による合奏が耳に紛れこんできます(笑)

聴いては五線紙に書き込み、巻き戻してはまた書き込みの連続。

ふと我に帰った時、隣の席の人の強い視線に気付きました

私の熱中行動、他人の目からは、どんな風に映ったのでしょう・・・。

その視線に負けじと、なんとか完成しました

近々演奏したいです

今日という日、もう一つは、節分ですね!

皆さんは、豆まきされましたか?

これから南南東を向いて、恵方巻をほおばります



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
食あたりでダウンしていました。年始から大当たりで景気が良かったです(泣笑)。
皆さん、体調に気をつけくださいね。


新幹線で移動中です。先週は、雪の影響で新大阪到着が、30分遅れました。

しかし、米原付近の一面の雪景色に夕日があたり、黄金色に輝き綺麗でしたよ

新幹線といえば、日本が世界に誇る高速鉄道ですよね。

これまで、フランスの「TGV」や、パリ~ロンドン間「ユーロスター」、パリ~ベルギー、オランダをつなぐ「タリス」など、ヨーロッパ自慢の高速鉄道に乗ることができました。

どれも快適な乗り心地、車両のデザインも、鉄道マニアでなくともわくわくさせられる格好良さです。

私は、真っ赤な「タリス」に萌えていました

しかし新幹線には、これらの高速鉄道にない便利なサービスが備わっています。

各車両に備わっている、ニュースが流れるテロップは、新幹線にしかないものだったような記憶があります。

また、「のぞみ700系」窓際の各席の電源コンセント口や、インターネット無線LANサービス(東京~新大阪間)など

そして、座席を携帯から予約・キャンセルが簡単に行え、チケットなしで乗れてしまえる、EX-ICサービス

東京~博多間で行われているこのサービスは本当に便利ですよ

乗車3日前までの早特割引があったり、ポイントがたまると通常料金でグリーン車に乗れます
私は時折、このポイント利用で満喫しています。


他にも、お得なプランが色々と備わっています。

新幹線を毎年利用される方にはお薦めですよ☆☆☆


今日も雪化粧の富士山を拝むことができました

なんといっても、この絶景が日本の新幹線が最も誇れる特典ですね


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
新年、明けましておめでとうございます


2011年という冒険が始まりましたね!

子供のころは、頂いたお年玉を握り締め、まずプラモデル屋さんに走っていました(笑)。


早速、お正月恒例の、初詣に行ってきました。

参拝すると新年の幕開けへの期待が込み上げ、気持ち高まります。

しっかりと願いを込めて挨拶しました。


新たな年には、どのような出会いがあるのか本当に楽しみです。

また、ここ数年練っていた企画を実現したいと奮起しています


今年も、音楽の持つ、楽しみ、興奮、安らぎ、向上、美容健康効果などを満喫しましょうね

皆さんにとって一層素晴らしい年となりますように!!

どうぞよろしくお願い申し上げます。


弾きはじめは、やはり、あのアニバーサリー作曲家にしようかな。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村




2010年も、いよいよあと数時間となりましたね。


皆さまのより一層の応援へ、感謝に尽きる年でした


貴重な時間の中、私のコンサートやブログへお越し頂きまして、本当にありがとうございました!


新たに出会えた方々とのご縁も財産となりました。

また、素晴らしい曲との出会いも多かった年でした。まだまだ浅学だなと発見のたびに実感させられます。


来年のコンサートや、こちらのブログで、一人でも多くの方々とそれら音楽の魅力を共有できれば幸せです。


細々と始めたこのブログも、皆さんのお陰でブログランキングのトップというご褒美もいただけるようになりました。

少しでも楽しくお役に立てる情報を更新していきたいです。来年もどうぞよろしくお願いいたします。


今宵は除夜の鐘とともに、ラフマニノフやメトネルの「鐘」を聴いてみます(笑)


どうぞ良い響きとともに、新しい年をお迎えくださいね!!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村


神戸が、一年で最も美しく輝く「ルミナリエ」が開催されています

震災後、毎年開催され、神戸に希望を与えてくれています。

パリでも、「ルミナリエ」は、見ることができました。

オペラ座にほど近い老舗デパートのギャラリーラファイエットが、この光のイルミネーションで包み込まれていたのです。


ラファイエット


パリの街を一層、美しく輝していました。

どちらも、同じイタリア人のアーティストによって製作されているようです。

同じイルミネーションでも、その場に立つと、神戸の輝きは、優しさを帯びている感じがします。
神戸復興への勇気と追悼の祈りが込められているからかもしれません。

イルミネーションは毎年、テーマに沿ってデザインされています。

今年は、『光の心情』

「人と人の結びつき、過去と未来の新しい記憶を留めるために、光のフォルムは変わっていく。すべては輝きの中にある。」

と作成者のメッセージが添えられています。


音についても、同じことが言えることに気づきました

音の中にも、無数の感情や、記憶を込めることができます。だから人は音楽を、必要とし、作り続けているのかもしれませんね。

また、深く共感し、心癒される曲があるのかもしれません


と、戦場カメラマンのような、口調で語りたくなりました(笑)。


今年はタイミングが合わず『ルミナリエ』は見れなさそうです。

13日まで、電灯されますので、神戸に行かれる方は、是非、輝きに包まれてください。

写真は、去年の光りの輝きです。





光のトンネルをくぐってください!

今日もお気持ちありがとうございます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村

現在の閲覧者数: