上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年初めの楽しみといえば、おみくじ

大吉がでれば、「でた~~!」とテンションあがりますよね。

フランスでも年初めには、おみくじがありました。

日本とはちょっとちがって、食べるおみくじです。

それは、ガレット・デ・ロワというパイ生地のお菓子です。




このお菓子の中には、フェーブと呼ばれる陶器やプラスチックの小さな人形が1つだけ入っています。

お菓子を切り分けみんなで食べ、このフェーブがでてきた人が幸運を手にいれたことになります。

引き当てた人はお菓子に付いている王冠を頭にかぶり、「王様!」「王女様!」と呼ばれ祝福されるのですよ。

この「幸運」は一年間続くと云われているからです。


留学中、ガレット・デ・ロワがパン屋さんに並ぶと、新年が明けたのだと実感していました。

フランスでは、1月6日に家族が集まりこれを食べる風習があります。私も友人たちと、このフランス風おみくじを食べました。

誰にフェーブが出るのか大いに盛り上がりながら食べたものです。私は、一度だけ引き当てました

この時のフェーブは、王冠のミニュチュアが出てきました。フェーブには、沢山の種類がありフェーブだけを販売しているお店もあり、コレクターもいます。さらには、フェーブ美術館までも。

長い歴史と伝統がこのお菓子にはあるのでしょうね。 日本でもこちらで販売されています。

見てるだけで楽しくマニア心くすぐりますよ(笑)


昨日、立ち寄ったコンビニ(7のつく)でガレット・デ・ロワに目が止まり、懐かしくなり思わず買ってみました。

フェーブは人形でなく、アーモンドが入っています。

6日を待ちきれず早速、皆で食べました

アーモンドの行方は・・・・・・・・・・・



私には、出てきませんでした

でも「幸運」を皆で分かち合えれた気分になりますよ。 みなさんも、是非食べてみてくださいね!!!


皆さんのおかげです、ありがとうございます!
   ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


みなさん良いクリスマスを過ごされましたか?サンタクロースは来ましたか?

クリスマスの雰囲気を味わいと、国際フォーラムで開催中の”ストラスブールのクリスマス市”に行ってみました。

パリから、電車で3時間ほどのストラスブールは、フランスとドイツの境にある歴史ある街で、フランスとドイツの文化をどちらも堪能できる街です。

街の中心にそびえ立つ巨大な大聖堂、川に囲まれた素敵な街並み、アルザス地方ならではの郷土料理に美味しい白ワイン!

もみの木のクリスマスツリーや、クリスマス市の発祥の街のようです。

ストラスブール

私にとってストラスブールは思い出の街です。

留学を前に参加した音楽講習会のため、一人ではじめてのヨーロッパに降りたった地です。

日本から旅たつ時は、はじめての経験への不安でドキドキでした。。。。

その後、師事することとなる先生のレッスンや、ヨーロッパ各地からの学生との交流と、刺激的な日々でした。


ミュンヘン   クリスマス市

クリスマス市は、ミュンヘンとザルツブルクで訪れることができました。

ヨーロッパでは、一年でもっとも楽しみのイベントだけあって、広場を埋め尽くす屋台と人々の数には、驚かされました。
充満するホットワインの甘いシナモンの香りにも


有楽町でも、ホットワインを飲み、シュークルートを食べ、この雰囲気を久しぶりに味わえました。

この日の極寒さも(笑)



クリスマスが終わりいよいよ、お正月に向けてですね。

私は、論文執筆のラストスパートです




あなたの応援に感謝です。
  ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村


急に肌寒くなり、昨日は、久しぶりに雨の音で目が覚めました。

留学中に住んでいたアパートの中庭では雨音がよく響いていました。

フランスでは、新学期の始まるこの時期になると、留学についてのお尋ねのメールを頂きます。

私自身も留学の準備するにあたって、分からなかったり不安に思っていたことです。

今でこそインターネットで情報収集しやすくなりましたが、それでも実際、現地に行ってみないと分からないことが多かったです。

言葉の不安、家のこと、ピアノ、学生ビザの発行、生活面、などなど

しかし、生活が始まればなんとかなるものです!


沢山の方との出会いや助けがあったことを思い出します。

「あっちゃ~」という失敗もありましたが、今となれば笑い話ですし、フランスという国は、かけがいのない体験をさせてくれました。


憧れの地で音楽を学べれる喜びと、有難さを噛み締めながら日本を飛び立った瞬間がよみがえりました。

この景色が本当に恋しいです。

paris


エスプリなクリックをありがとうございます。
  ↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: