上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
bio_pic08.jpg


今日は、敬愛するピアニスト「アレクセイ・スルタノフ」のお誕生日。

2008年から毎年「スルタノフ記念コンサート」が開催されてきた、思い出詰まった日でもあります。

今年は4月に開催されました。

テキサスでは今日、スルタノフ夫人、ダーツァさんが中心となってコンサートが行われます。

ここからは、マニアックな内容です(笑)

スルタノフが生前得意としていたのは、ホロヴィッツの超絶編曲の数々。

CD「スルタノフ ライブイン リガ」にその多くの爆演を聴くことができます。

日本では、リスト=ホロヴィッツ:ハンガリー狂詩曲第2番が演奏されました。

中でもレアな演奏が、”カルメン幻想曲1957年版

最近ではユジャワンのトレードマークになりつつある、有名なホロヴィッツ編曲です。

ユジャワンや、YOUTUBEで聴かれる多くの演奏は、ホロヴィッツが1968年に演奏しているバージョン。

1957年版は、長年”幻のカルメン”、”カルメンロングバージョン”と呼ばれてきました。

ホロヴィッツは2度目の引退中(1953~1965)の1957年にコンサート復帰する意欲を燃やし始めました。

プログラムの目玉曲に考えたのが、自身のカルメン変奏曲

1923年以来、手を加え続けてきたこのアンコールピースを(注、本プログラムに相応しい曲に仕立てます。

(注 ピアノロール、録音として残されているカルメン変奏曲は、1926,28,42,47,57,67,68,77,78年版)

ショパンのバラードのような作品に仕上げようとしたのです。

それまでのカルメンに耳慣れてしていたので、驚いたものです。

作曲家を目指したホロヴィッツの一面を聴くことができます。

それは変奏曲を超え、幻想曲といえる作品へ拡大しグレードアップ。

ホロヴィッツはこの曲を1957年にカーネギーホールで試録音しています。

コンサート復帰は、義父のトスカニーニの死や、娘ソニアの交通事故により白紙に。

音源も封印、ホロヴィッツの亡き後ようやくCD発売され解禁となりました。

2001年発売「RCAレッド・シール100年の軌跡(BVCC-37097~98)」

さらにマニアックに攻めると、1957年版には、前奏付きの「第2版」と、前奏なしで通常通り主題から始める「初版」があります。

ホロヴィッツの録音は、「第2版」での演奏。

スルタノフの演奏は、「初版」の演奏です。


ヴォロドスやクレショフは、1968年版に1957年版の断片を取り入れ演奏していますが、完全版での演奏をしているのはスルタノフのみ(1947年版の断片を取り入れている箇所もある)。

スルタノフによるカルメン演奏が、動画でも残っていたのは奇跡としか言えません。

2001年にスルタノフは、全ホロヴィッツ編曲プログラムで来日予定でしたが病に倒れ、カルメンの演奏は幻となりました。

これは「幻のカルメン」の”幻の演奏”

愛弟子の演奏を聴きにきたレフ・ナウモフ教授にも拍手が贈られる感動の映像です。

今頃、恩師や連弾を楽しんだホロヴィッツと熱演をくりひろげているでしょう。






にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

アレクセイ・スルタノフのご家族、夫人のダーツァさん、弟のセルゲイさんと一年ぶりに再会しました。

Fazioli を所有されている!友人宅でのパーティーではいつの間にか即席ミニコンサートに

お二人とも、演奏が止まることなく、本当に音楽が大好きなのだと伝わってきました。

スルタノフを敬愛されておられる方々との交流も楽しませて頂きました。


dace and sergei



その後は、ザ居酒屋で、ロシア音楽界やピアニズム、興味深い話が尽きませんでした。

スルタノフとキーシンの友情話や、ホロヴィッツ邸でのスルタノフとホロヴィッツの連弾(シューベルトの「幻想曲」)。

スルタノフの弾く、ホロヴィッツ編は彼自身の耳コピでの演奏であったこと、などなど。



居酒屋の後は、セルゲイさんとボーリングへ。

1投目からいきなりストライクのセルゲイさん!投げるフォームが、独特でロシア奏法?なんです(笑)


(撮った瞬間、ガーターに(笑))


ハートの濃いお二人と接していると、ますますロシアへの憧れ強まりました。ロシアの鐘を聴いてみたい!

まずは、来年の再会を願いたいです!


写真 スルタノフ夫人 Dace Sultanovさん 
    スルタノフ弟 Sergei Faizulkhakovich Sultanovさん



スルタノフファミリーとспасибо!!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村



スルタノフ神戸コンサートが終わり、東京のピアノスタジオで

スルタノフファミリーwelcomeパーティーが行われました。

ピアノ連弾 ピアノトリオ を即席で結成して、日本の歌、ロシアの作品を次々と演奏しながら、今回の出会いを喜び合いました。

音楽は、本当に言葉、民族の壁を越えて楽しめる、人類の共通の言語ですね


また、ロシアの音楽界、国の情勢の話題になり、生の声に熱中して聞き入ってしまいました。

セルゲイさんからは、アレクセイ・スルタノフが行っていた暗譜の強化法や、ロシアの子供たちのピアノ教育、ピアノメソードなどなど、興味深い話は尽きませんでした。

さらに、壮大な夢についても語ってくれました、言葉の端々に、偉大である兄への強い想いを感じました。

セルゲイさん、アレクセイに本当にそっくりなので、時折ぞくっとさせられます。


スルタノフ夫人には、アレクセイはあの小柄な体から、どのようにして魂揺さぶる力強い演奏をくりだすことが出来たのか、尋ねました。するとスルタノフは生前こう語っていたそうです。

「演奏に必要なのは、考える頭脳、そしてなにより大切なのは強い意志を持ったハート。」

観衆に向け、全身全霊を込めて演奏しつづけたスルタノフ、そしてご家族から、今回多くのことを教えて頂けました。

いつかテキサスやモスクワでも再会できることを祈りたいです!

雅敏は、ロシアでの愛称は ミーシャ となるみたいです。ミーシャ・グチンスキー(笑)


スパシーバ!セリョージャ!(セルゲイさんからのお土産、欲しかったマトリューシュカも!)




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村 


それにしても神戸は暑いです
バーベキューのようにこんがり焼けそうです。

いよいよスルタノフ記念コンサートin神戸が明日となりました

7日スルタノフのお誕生日に行われた東京公演、私は泣く泣く行けませんでしたが、盛大に行われたことを友人から耳にできました。
年々このコンサートのスケールが大きくなっていることが本当に嬉しいです。

今日は、世良美術館でセルゲイさん、ダーツァさん、アイリーンさんのスルタノフファミリーとリハーサル行いました。

この暑さと連日のハードスケジュールにお疲れかと思いきや、元気!元気!元気!

神戸をずいぶんと気に入ったようで、人々の暖かさと明るさに感銘を受けられていました。

すぐに演奏が始まると真剣な中にも、音楽を楽しむエネルギーが発奮されていました

その情熱に私は、圧倒されっぱなし

スルタノフも小柄ながらどこから、巨大なパワーが生まれるのか不思議でしたが、スルタノフ夫人のチェロも同じものを実感しました、さすが夫婦だけあります

セルゲイさんは、兄のアレクセイとそっくりなので、演奏姿を見て胸が熱くなりました。

ダーツァさんとの共演では、セルゲイさんからアドバイスを熱烈に頂きました。

お茶漬けのような演奏はいかん!と明日への刺激に

伴奏者として、同伴されたアイリーンさんはスルタノフの闘病生活を献身に支えられた方です。
優しさに満ちたお人柄にも魅力されます。


観衆から最も愛されたピアニスト・スルタノフの貴重な資料やグッズも展示されます。


明日のスルタノフ祭り
コンサートをおもいっきり楽しんで頂き、私も楽しみたいです!

会場までお気をつけてお越しくださいね!!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村 



昨夜の東京は、うっすら粉雪が舞っていました。

いよいよ雪景色の日もあるかもしれませんね。みなさん暖かくされ、体調に気をつけてくださいね。


先日ご紹介させて頂いた、私の「スルタノフの思い出」へのご観覧、ありがとうございました!

英文で掲載されている、アレクセイ・スルタノフ公式ページ「Memories of Alexei」へのリンクミスがありました。
大変失礼いたしました。こちらです、http://www.alexeisultanov.org/as_memories.htm

その後、スルタノフ夫人のダーツァ(Dace)さんから、心暖まる感謝のメッセージをいただけました。


「Memories of Alexei」は、スルタノフの演奏に魅了された世界中の人々、スルタノフの闘病生活を支えられた人々が、思いを寄せています。

ピアニストの前山仁美さんは、モスクワ音楽院大ホールで開催された「スルタノフ追悼コンサート」を聴かれた感想を執筆されています。http://www.alexeisultanov.org/as_memories_2007.htm


さらに、ロシア語で書き綴られたエフゲニー・キーシンの追悼文もあります
http://www.alexeisultanov.org/as_memories_2006.htm

嬉しいことに、日本でもっともスルタノフを知り尽くされている方のブログで、日本語訳を記載して頂けています。

もう1つ、スルタノフを愛するファン代表の方のブログでも!この方が描かれるスルタノフの肖像は、
本当に素晴らしい魅力があります。私の文のご紹介もして頂けました、どうもありがとうございます。


キーシンとスルタノフ、お互いに刺激しあった音楽仲間であったことが分かります。若きスルタノフの、
ロシア国内での高い注目度、スルタノフが参加した、チャイコフスキー国際コンクールの壮絶な舞台裏、そして2人の友情物語も。

2人の天才によるエピソードは、とても興味深いですよ。


今年は、さらにスルタノフの輪が広がればと願っています。新たな企画が生まれるかもしれません!



キーシンも感極まったと文に触れられている、チャイコフスキー国際コンクールでの『熱情』の演奏です。
そんなに壮絶な舞台裏があったとは・・・   ↓http://www.youtube.com/watch?v=xI4qFLfVmR8




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: