上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近お気に入りの「みなとみらいホール」。

名手ガブリリュクのリサイタルを聴きにいきました。

浜松国際コンクールで「史上最高の16歳」と優勝されていらい注目しています。

プログラムはホロヴィッツに由縁ある怒涛の超技巧曲のオンパレード!

ガブリリックさんは、ホロヴィッツの姉の孫弟子で、ホロヴィッツ国際コンクールでも優勝されているので、このレパートリは伝統の継承ですね。

私たちもよく演奏している「死の舞踏」も♪

ガヴリリュクさんの快演からホロヴィッツ編曲の魔術的な演奏効果をあらためて実感しました。

アンコールもピアノマニアにはたまらない選曲。

妻がたまらずスタンディングオベーションをしたら最後にホロヴィッツ編曲を演奏してくれ興奮も絶頂♪。(アンコール告知掲示板にはヴォロドス編となっていましたが。。)

ピアノを学ばれているお子さんたちには是非こういったコンサートを聴いてピアノの醍醐味を楽しんでもらいたいです。明日20日、東京オペラシティーでもリサイタルがありますよ!。

嬉しいことに終演後ガブリリュクさんと楽屋口でお会いしお話をすることができました。

ホロヴィッツは「ヴィルトゥオーゾを超え芸術性を高めるにはまずは自らがヴィルトゥオーゾにならなければならない」と言っていますが、ガブリリュクさんは新境地にたどり着かれるでしょう!

Bravissimo Mr.Gavriryuk !



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
昨日はクラシック喫茶「珈琲の詩」へ初訪問しました。

田園都市線「高津駅」すぐで、 壁にぎっしり納められている5000枚のLP、ベートーヴェンのデスマスクによるモダンアートに目がいきます。

1976年開店で昭和の雰囲気と流れるクラシック音楽、サイフォンで淹れるコーヒーの香りでなんとも良い雰囲気を醸し出していました。

毎月店内のホワイトボードに掲出される譜面クイズに、正解するとドリンクが一杯無料になります。悔しくも分からなかったのでまたリベンジに訪れたいです(笑)。

最近はコーヒーチェーン店が増える中で、喫茶店が少なくなってきているのは寂しいですね。

昔ながらの個人経営の喫茶店には、常連さんたちが居心地よさそうにしている様子や、それぞれのお店ならの雰囲気に癒されるので私は好きです。

音楽での遊び心と、バッハをこよなく愛するマスターでした。

喫茶「珈琲の詩」HP:http://www.cafe-uta.com/





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村


2015年の幕が開きましたね、本年もよろしくお願いいたします!。

今年も、初めて目にした絶景に心奮える体験を、音楽でもして頂けるよう目指したいです。

元旦には、友人にお送り頂いた大変貴重な楽譜の束に飛び上がりました。

感謝とともに、さっそく初弾き♪

眠りつづけている歴史的な名作品・編曲の数々に興奮が高まりつづけました。

「今年はこのような作品の素晴らしさを、聴いて頂きたい」

楽譜を前に、目標が定まりました。

音楽を通じて芽生える交流も楽しみにしています!。

皆さまにとって益々素晴らしい夢叶う年となりますようにお祈りいたします。





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村


こちらのブログは、久しぶりの更新です

広告で出てしまっていたほど・・・。

デュオブログの方では、最近のコンサートについて更新しています。

よろしければお読みください

☆フランスを体感できるイベントが開催されていた、渋谷・東急文化村でのコンサートの模様 私たちに献呈くださった作品の世界初演についても!

http://ameblo.jp/ayumasaduo/entry-11903440607.html




☆神戸でのシークレットコンサート「珍曲祭」での、劇レアな日本初演 

http://ameblo.jp/ayumasaduo/entry-11905483939.html


これから大企画が待ち受けています

こちらで紹介できること楽しみに、励みます


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
ひさしぶりの更新です。気付けば広告が・・・

デュオブログの方では、随時更新してますのでご覧くださいね。

最近では、プロモーション映像公開、西宮の新響楽器でのコンサート、新たな連弾編曲の完成、京都の老舗カフェ、についてなどなどです。

こちらでは先日、幼なじみと新宿で会食しながら話題になったお話し。

函館産の新鮮なヤリイカをつまみながら話題になったのが子供の頃の習い事について。

彼と一緒に習い始めたのは「ピアノ」と「水泳」でした。

妻も「水泳」を小6まで週2回通い根性がつき、この2つを子供の時にさせてもらえて良かったと話が盛り上がりました。

私も今になって水泳を習っておいてよかったと思うことは、

・泳ぐという夏の楽しみができた。
・体力づくりができたこと。
・呼吸への意識(ピアノに大きく役立ちます)。

幼なじみは、その後ピアノを辞めましたが、コンサートに通ったり(私たちのコンサートは、ほぼすべて聴いてくれています!) 、様々な音楽を楽しめているのはピアノを習っていたお陰と語っていました。

私のまわりでも社会人になってピアノを弾かれたり楽しい音楽ライフをされている方に、幼少時のピアノ経験者が多いですね。

子供のとき練習が嫌いで辞めてしまった方でも、少しでもピアノを習っていて良かったと感じる日が来るのではと思います。

また、幼稚園や小学生の教員への進路を目指される方にとってピアノ経験が多いに役立ちます

子供の頃に音楽に接すること、全身を動かして泳ぐことで人生の楽しみが膨れ上がることを実感し合えた夜でした。

もし、お子さんに何を習わせようとお考えのお母様へ

是非、まずは「ピアノ」を、そして「水泳」をと強くお薦めいたします


美味しイカったー!(笑)


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: