上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年がスタートしましたね

新年のご挨拶が遅くなってしまいました。。


年が明け、今年の目標や、演奏する曲目を書き出していました。

目標の一つに、運動をすること。まずは家で出来る簡単なストレッチ運動から始めています。


早速、屈伸をしたら膝の関節がパキパキ響きました(笑)


音楽活動では、昨年、本格的に開始したデュオをさらに発展させたいと奮起しています。

デュオHPでは、「誰かとピアノ連弾をしてみたい!」と乗り出して頂けるような、
情報発信を目指して行く予定です。トップページを少し変えてみました→http://www.ayumi-masatoshi.com/

連弾は体験してみると、ピアノ熱が倍増する世界ですよ


音楽と共に素晴らしい年にしたいですね!


本年もどうぞよろしくお願いいたします!!



新しいオリジナルデュオ曲を作成し始めました。映像は、昨年の第一弾です。





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



すさまじい人気実力を誇る、ランランINサントリーホールを聴いてきました。

今日の公演は、バッハのパルティータ1番にはじまり、シューベルトのソナタ第20番D.960
後半は、ショパンのエチュードOp.25全曲。

昨年よりも、より美しい音や響きへの世界へ浸らされました。

それは、ヨーロッパやアメリカ人ピアニストが醸し出す美しさというより、アジア的な独特の美的センスを感じます。

私は、中国人ピアニストの、フー・ツォンのまるで水墨画で描かれたような響きに魅かれますが、

その響きも、アジア人だからこその美しさのように思えます。


ショパンのエチュードOp.25全曲は、ラン・ランの驚異のテクニックが発揮されていました。

10代前半で、すでに24のエチュード全曲をコンサートで取り上げていますし、自分の体の一部となっているのでしょう。

特に、最後の3曲、オクターブ 木枯らし 大洋は、まさにラン・ランワールド

ホロヴィッツやルービンシュタインの系譜を継承しているラン・ラン。

今後、どのような演奏家になっていくのか、楽しみです。


サイン会では、新たに採譜した、ホロヴィッツ編曲の楽譜を渡すことができました。

また私の採譜で演奏して頂けることを、楽しみにしたいです

サインには”ニコちゃんマーク”が付きました(笑)


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村

仕事帰りで込み合う新幹線に乗り、座席に着くと、周辺から鳴り響く”あの音”。

「プシュ」「パシュ」  「プッシュ~

その正体は、ビールの缶の音による大合唱です(笑)

一仕事終えて、ほっとして飲む、車内のビールは美味しいでしょうね。

喉の仏さんが、ビールを欲してきますが・・、この移動中が私にとっては、とても有意義に過ごせる時間なので、代わりにコーヒーを飲んでいます。

本を読んだり、プログラムを考えたり、こうやってブログを書いたり!

この空間は、今や閃きの場所となっています

終着駅につくまでに、これをやってしまおうと、身近な目標があると、人はのめりこむものですね。


私が、 「アラベスくまん蜂の飛行」(youtube♪)を作ったのも新幹線の中でした。

時速300キロ近くのスピードが、この曲を発明させてくれたのかもしれません

ビールの大合唱が、また始まりました 何かのインスピレーションになったりして・・・(笑)



冬のような冷え込みですね、キンカンが喉に良いそうですよ。
 今日のお気持に感謝ですにほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
私の編曲作品をYoutubeで公開してみました

コンサートのアンコールでいつも演奏させて頂いている、

                    「アラベスくまん蜂の飛行」

~ブルグミュラ-「アラベスク」&リムスキー=コルサコフ「熊蜂の飛行」によるファンタジー~


です。タイトルの通り、この編曲は、ブルグミュラーと、リムスキー=コルサコフによるお馴染みの曲をもとにしています。

丁度、この2つの曲を弾くことになっていたコンサートの直前、ふと新幹線の中で生れました。

こんな感じにパッチワークしてしまったらどうなるかな・・・・と(笑)

その後、演奏する度、あちらこちらに音を付け加えて、現在も進化中の作品です!

もっと喜んで頂きたいと思っていると、新たなアイデアが浮かんできます。

編曲において、私が敬愛する、ホロヴィッツやヴォロドス、そして献呈させて頂いた、ローゼンブラットのようなエンターテイナー性に憧れ、挑戦してみました。

私のユーモアをお楽しみ頂けましたら、とても嬉しいです!! 
http://www.youtube.com/watch?v=-BjcCGf-92g


演奏は、すみだトリフォニー(小)ホールでのリサイタルのアンコールです。

ついに蝉がミンミンジージー合唱しはじめましたね♪。

新響楽器店で連日行われているブルグミューラコンサートのゲスト演奏として2日間、出演してきました。

舞台裏で、続けて弾かれる沢山のアラベスクを聴きました。この曲やはり人気No.1ですね。僕も子供のころ、近所から聴こえてくるアラベスクに、自分も弾いてみたい!と思った記憶が残っています。

一瞬で終了する曲ですが、アラベスク模様に上昇していく軽快なメロディ、えんやこーりゃ×2と続く演歌風の中間部が、日本人心にぴったりくるのかもしれません。

ブルグミューラはシンプルながらも「別れ」「アヴェマリア」「シュタイヤー舞曲」など名曲揃いです!

プログラムの最後は、僕のアラベスクで締めくくってみました(笑)
20090729225450
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: