上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、実家で、部屋の整理をしていると懐かしの品が出てきました!




キーシンハンカチです

私が中学生の頃、読み始めたピアノ雑誌には毎号のように、エフゲニー・キーシンの「神童」ぶりが取り上げられていました。

天才ピアニストとは、どのような演奏をするのだろうと興味を持ちながら毎号読んだものです。

すでに、初来日もしてテレビでも演奏会が放送された情報を知り、ピアノ雑誌内の”読者ページ”におもいきって、

「僕はピアノを習っています。キーシンの来日映像をどうしても見てみたいのです、所有されている方がいましたら、是非ご一報をください。」

と、掲載して頂きました。すると、数日後・・・

北海道在住の方から、キーシンの演奏ビデオが2本届いたのです!!

突然の到着に、飛び跳ねるように喜んだことが忘れられません。

大阪のザ・シンフォニーホールでのリサイタルと、まだ髪がふさふさなゲルギエフ指揮とのチャイコフスキーのピアノ協奏曲が収められていました。

さらに、「素敵なピアニストを目指してくださいね。」という励ましのお手紙に、このキーシンハンカチが添えられていたのです。

親切なお心遣いの詰まったそのビデオに、感謝一杯になりながら繰り返し見続け、今でも大切に保管しています。

その後、キーシンの実演を始めて聴けたのは、1990年のカーネギホールデビューコンサート直後、大阪のザ・シンフォニーホールでした。

頂いたお手紙は、度々の引越しでどこにしまい込んだのか分からなくなってしまいました。

もし、またご連絡を取ることが出来たらもう一度、お礼を伝えたいです。このキーシンハンカチは、

私のピアノ人生の原点を思い出させてくれる宝物の一つです


いつも訪問ありがとうございます!
きっと皆さんにも思い出のピアノグッズがあることでしょうね♪
   ↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: