上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年に入ってから、10年近く探していた楽譜や、絶版楽譜が次々と到着しています。

楽譜探しは、情熱と発見を念じることだと実感!


ネットのお陰で、出版社や作曲家本人へ直接、問い合わせることも可能となりました。

それでも、まだまだ見れぬ作品は、沢山あります。きっと世界のどこかに、あるのでしょう。



絶版楽譜には、各国の国立図書館の蔵書となっていることがあります。

一昔前は、蔵書を確認できても、手紙かファックスでコピーの依頼を送り、手元に届くまで何ヶ月も費やしました。

本当に届くのだろうかという不安もあっただけに、届いた時の興奮ぶりは、尋常ではありません(笑)


現在は、図書館によっては、コピー依頼してから数日後に、PDF化された楽譜が届くようになりました。

海外送金も面倒なものでしたが、つい先日、こんな便利な海外送金法を知りました。



ウェスタン・ユニオンという国際送金サービスです。

このサービスの利点は、相手の銀行口座に振り込むことなく、個人間でお金の受け渡しができることです。

送金時に、受け取る送金管理番号を相手に知らせ、相手は、身分証明と番号で受け取れます。

素晴らしいのが、10分間ほどで届く送金スピード。土日でも送金、受け取りができます。

手数料は、送金1万円以下なら990円。

やや高いですが、使いようによっては、大変便利な送金方法です。

手続きは、大黒屋やHISなどで出来ますし、セブンバンクや、ファミリマートでも店舗によっては可能。


送金する時は、信頼できる相手かしっかり確認する必要がありますね。


先日は、ブラジルの作曲家から、この送金方法で自筆譜の楽譜を購入できました。



楽譜は、音楽と切り離せない存在。


楽譜探しへの楽しき旅は、まだまだ続きます。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: