上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラ・フォル・ジュルネが始まりましたね。今年は人気の「ショパン♪」がテーマだけあって、きっと多くの来場者となるでしょう。

私は今日、丸ビルの7階で開かれている「ショパン展」を早速見てきました。

ここでは、ショパンのマズルカ作品6-2の自筆譜(スケッチ)や、「ショパンの手」や「デスマスク」の石膏レプリカも展示されているのです!

このマズルカの自筆譜とは、2度目の対面となります。以前、パリのポーランド歴史文芸協会を訪れたときに、目にしたことを思い出しました。ここには、他にショパンが最後に使っていた、椅子や髪の毛が展示されていました。

自筆譜を見ていると、ショパンがこのマズルカを、試行錯誤しながら練り上げていった様子が見てとれました。

ぐちゃぐちゃと削除した、ペンの跡。そこはどんな音があったのかとても気になります

大好きなホットチョコを飲みながら書いたのかな?と机に向かうショパンの姿も想像できますよ。

初版の表紙の美しいデザインも見ものです。

パネル展示も、読みやすく内容の濃いもので、ショパンの魅力を再発見できました。

5月5日まで「ショパン展」は開催されていますので、訪れてみてください

会場販売されていた、自筆譜のコピーを購入したので、額に入れて飾ろうと思います。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/131-3b1caf6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: