上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドカップがはじまりましたね!

私は子供の頃、サッカー少年でした。転向先がサッカーの盛んだったところで、友達に誘われ地元のサッカークラブに入っていたことも。

サッカーのスリリングな楽しさにはまり、ピアノの練習そっちのけでボールを蹴る日々もありました。

その頃、私のアイドルは、アルゼンチンの英雄「ディエゴ・マラドーナ」でした。部屋にはポスターも。

メキシコ大会、イングランド戦で見せた”伝説の5人抜き””神の手ゴール”の映像を友人宅で熱狂しながら見たものです。

サッカー上手の音楽家は多いようです。指揮者のアバドはプロ並みの上手さだとか。

そして、ロシアのピアニスト、アンドレイ・ガブリーロフは、モスクワの音楽家だけのサッカーチームを作るほどのサッカー好き。

数ヶ月の間、毎日5、6時間練習し、モスクワ最強のマリンスキー劇場のチームと試合し「勝利した!」と自慢げにインタビューで語っています。「演奏会や録音よりも興奮した」とも(笑)

さらには、イスラエルのピアニスト、Elisha Abasは、プロのサッカー選手としても活躍したという面白い経歴を持っています。

神童として、カーネギーホールで演奏し、ルービンシュタインからも絶賛され、アバドとも共演。14歳で「神経症」のため演奏活動を休止せざるをえなくなった後、サッカーにのめり込みプロにまでも!

「ピアノに必要な勤勉さが、サッカーにも役立った」とアバスは語っています。

ピアノに必要な集中力や、考え想像する力は、色々な分野にも本当に発揮できると思います。

アバスは現在、サッカー選手を引退し、再びピアニストとして活動されています。

頭にボールを乗せながら、演奏できそうですね(笑)

美しくゴールするフリーキックの曲線は、芸術的です。

まもなく始まる「日本×カメルーン」。テレビの前でスタンバイします!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/151-a683dc33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: