上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西宮北口の駅前にある、新響楽器店内のオーパスホールで演奏してきました♪

店内は、ちびっこピアニストで賑やかでした。

「ブルグミュラーコンサート」でのゲスト演奏ということで、時間をおいて2度出演させて頂きました。

ゲスト演奏というのは、独特の緊張感がありますが、

ホールを埋め尽くす沢山の方々に聴いて頂けて、とても気持よかったです。
どうもありがとうございました!

舞台裏で、思い思いの美しい演奏に、ピアノを習い始めた当時の、

ブルグミュラーへの憧れを思い出しました。

近所から聞こえてくる、「アラベスク」や「貴婦人の乗馬」を耳にして、「自分でも弾いてみたい!」

と思った最初の曲です。いったい「アラベスク」の何がこうも子供心を鷲づかみにするのでしょうね。

また、「バラード」や「無邪気」の大人っぽさにも惹かれたものです。

今、レッスンなどで聴いても、本当に素晴らしい曲集だなと思います。

「家路」「アヴェマリア」「別れ」もお気に入りの曲です。

今日の演奏では、私の♪「アラベスク」も演奏させて頂きました。

そういえば、今年はショパンと共に、このブルグミュラーの弟のノルベルト・ブルグミュラーも

生誕200年でした。若くで亡くなったので、あまり知られていませんが、兄を上回る才能だったとか。

僅かに残されている作品から、ピアノソナタOp.8は、なかなか魅力ある曲です。

ブルグ兄弟恐るべしですね!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/162-97c0f7f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
暑い日が続きますね。 先日「暑い日はパリの思い出」という記事をアップしましたが、そこで登場したのが、盟友であるピアニストの山口雅敏さん。 先日の記事でご紹介いたしました、山口さんの「スルタノフ追悼コンサート」ですが、8月7日(土)と迫ってきて、すでにた
2010/08/04(水) 21:01:43 | リーラ・ムジカのピアノ室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: