上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
留学生活でフランス音楽と共に、身近に感じるようになったのが、ワインです。

フランス人の血にはワインが流れているのでは、と思うほど、ワインは食生活に溶け込んでいました。

それだけに、300円くらいの安いワインでも、とっても美味しかったです。

スーパーにも沢山のワインが並べられていました。ワインを飲んでみようと思っても、どれを飲んで良いのか分からず、ワインコーナーの前で、時間だけが過ぎたものです。

クラシック音楽の初心者の方から、「クラシックコーナーに行っても、どのピアニストを聴いてみたら良いのか分からない。」と話を聞きますが、私にとって同じ感覚がワインコーナーでした。

ワイン専門店では、店員の方が気さくに、ワインを選んでくれましたが、私はよく、買い物をしているマダムが、手にとったワインを真似して飲んだものです(笑)。

自分の口に合うワインと出会った時は、新しい曲と出会えたような発見でした。

先日、書店で、「初歩から分かる超ワイン入門」という本を、読んでいると、「自分の好んで飲んでいた土地のワインは、この品種のブドウで熟成させていたのか~。」と、舌だけで感じていた感覚とリンクしていったので、思わず購入してしまいました。

読んでいると、ピアニストたちの演奏スタイルにも、面白いことにリンクしていってしまいます。

カヴェルネ・ソーヴィニヨンの強いタンニンを含み、色も濃く、味はずっしりとして本格派「ボルドーワイン」は、まるで、ソコロフアファナシェフや、ウゴルスキー、のようだな、と。


早速、本を片手に購入したワインを飲んでみました。

ブルゴーニュの赤ワインです。「チェルカスキーのようにピノノワールの果実味の強くまろやかな味わい。」でした。(笑)

クラシック好きには、お酒好きが多いので、(少なくとも私の周りには・・)

『ワインと楽しめるピアニストたち』 という、ガイドブックがあれば良いなと思いました。

ワイン専門家の方とそんな本を書けたら



お薦めのワインを教えてください!
いつもありがとうございます。
  ↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/191-5f609375
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: