上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発売中の月刊誌「音楽の友」10月号の”演奏会批評ページ”に、8月に行った「スルタノフ追悼コンサート」の紹介をして頂けました。

評論家の上田弘子さんによる文です。

字数に限りある中で、このコンサートの趣旨や様子を見事にレポートしてくださっています。

数多くのインタビューや評論を書かれている方だけあって、流石です。

嬉しいことに、私が、採譜し演奏した「アレクセイ・ソング」や、ホロウ゛ィッツ編曲
リスト「ハンガリー狂詩曲第2番」についても触れて頂けています。

余談ですが、このコンサートでは、シチェドリン作曲の「アルベニス風」も演奏しました。

この曲を取り上げたのは、スルタノフの恩師、レフ・ナウモフがある音楽誌の中で、”ロシアの知られざる名曲”として、この作品をお薦めしていたからです。

この記事を読み返していたら、インタビュー文は、なんと、上田弘子さんによるものでした。

不思議な巡り合わせです

いつかお会いすることが出来たら、上田さんにお礼を申し上げたいです。



素敵なクリックをありがとうございます。
ピアニストワールドです。
    ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/194-0f4c4892
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: