上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
締め切りが近づいている、論文に必要な楽譜を求め、またも、楽譜店に行ってきました。

ピアノ連弾コーナで楽譜を物色していると、外国の方が、隣で物色を始めました。同伴者と、イタリア語でなにやら会話しながら、連弾譜をレジに山積みしていきます。

どうやら、イタリアの方のようです。私は、その方に「あなたの国の、ガルッツィは、素晴らしい連弾曲を書いていますね!。」と、話かけたくなるほどでした。


ジュゼッペ・ガルッツィ(Giuseppe Galluzzi 1861-1936)は、子供のための親しみやすい教育的な連弾曲を数多く作曲した、イタリア人です。

中でも、『ピアノの休日Ricreazioni pianistiche I,Ⅱ.Serie 第1集(1918) 第2集(1925)』は、
”歌の国”イタリアならではのメロディーと、ロマンティックな響き、お洒落な転調と、魅力に溢れています

「先生と生徒」による連弾スタイルで書かれていて、生徒用のパートは、<ワンポジションの5本指>で弾けるようになっています。 
両手のユニゾンなので、ピアノを始めてすぐの人でも、弾けてしまう曲もあるのです!


この手の曲は、いかにも教則本な曲が多いのですが。先日の、カプレと同じく、ガルッツィの作風は、一味も二味も違います。

音楽表現を楽しみながら、気づいたら演奏テクニックが身につけることが出来ていたという、嬉しい曲集です

各曲の、『水車のチクタク時計』『田舎の踊り』『ぶらんこ遊び』『悲しいセレナード』『ガヴォット』といった、表題も親しみやすいですね。


曲が進むにつれ、旋律やリズムがユニゾンでなく、両手がそれぞれ独立した旋律を奏でる場面もあります。

さらに、生徒用のメロディーパートは、プリモに集中する作品が多いですが、この曲集では、セコンドにくる曲もあります。

生徒さんは、初期のうちから、音楽を誘導させていく伴奏パートを、体験させることが出来て、ヘ音記号にも慣れることにも繋がります。

先生パートも、初見で弾ける易しい曲から、ソナチネ修了レベルくらいですので、生徒同士での連弾もできます。

生徒さんの腕が上がってきたら、先生パートを挑戦してもらったり、幅広く使える曲集です。

ありがたい特典が、たくさんのガルッツィさんに、☆☆☆です

楽譜は、こちらで購入できます。

池袋のヤマハでも、一冊ありました。


私のお気に入りは、第1集の、第3曲『退屈な人形』、第9曲『ワルツⅡ』14曲『ガヴォット』

   第2集の、第1曲『マリオネット』第3曲『エレジー』第10曲『鼓手』 です。


それにしても、通訳まで同伴してた、イタリア人、有名なピアノ教授だったりして。。。


今日もグラッツィーノ!
 ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/224-6a37357f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: