上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年初めの楽しみといえば、おみくじ

大吉がでれば、「でた~~!」とテンションあがりますよね。

フランスでも年初めには、おみくじがありました。

日本とはちょっとちがって、食べるおみくじです。

それは、ガレット・デ・ロワというパイ生地のお菓子です。




このお菓子の中には、フェーブと呼ばれる陶器やプラスチックの小さな人形が1つだけ入っています。

お菓子を切り分けみんなで食べ、このフェーブがでてきた人が幸運を手にいれたことになります。

引き当てた人はお菓子に付いている王冠を頭にかぶり、「王様!」「王女様!」と呼ばれ祝福されるのですよ。

この「幸運」は一年間続くと云われているからです。


留学中、ガレット・デ・ロワがパン屋さんに並ぶと、新年が明けたのだと実感していました。

フランスでは、1月6日に家族が集まりこれを食べる風習があります。私も友人たちと、このフランス風おみくじを食べました。

誰にフェーブが出るのか大いに盛り上がりながら食べたものです。私は、一度だけ引き当てました

この時のフェーブは、王冠のミニュチュアが出てきました。フェーブには、沢山の種類がありフェーブだけを販売しているお店もあり、コレクターもいます。さらには、フェーブ美術館までも。

長い歴史と伝統がこのお菓子にはあるのでしょうね。 日本でもこちらで販売されています。

見てるだけで楽しくマニア心くすぐりますよ(笑)


昨日、立ち寄ったコンビニ(7のつく)でガレット・デ・ロワに目が止まり、懐かしくなり思わず買ってみました。

フェーブは人形でなく、アーモンドが入っています。

6日を待ちきれず早速、皆で食べました

アーモンドの行方は・・・・・・・・・・・



私には、出てきませんでした

でも「幸運」を皆で分かち合えれた気分になりますよ。 みなさんも、是非食べてみてくださいね!!!


皆さんのおかげです、ありがとうございます!
   ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/245-438162cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: