上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



元旦に届いた、60枚入りのボックスCD『ブラームス作品全集』を聴き始めています。

開封してみると、ずらっと並ぶ紙ジャケットのCDに気合が入ります(笑)

レーベルは格安ながら、貴重な音源で定評のブリリアント。

モンポウや、ガーシュウインの自作自演集、ラフマニノフの歌曲全集は、こんな安くていいの?と思ってしまう有難いレベールです。


このブラームス作品全集の、『ピアノソナタ第2番、第3番』では私がベルギーで師事した
アラン・ヴァイス氏の演奏が収録されています

雄大でヴィルトゥオーゾ、そしてロマン溢れる美音。アラン先生の演奏でしか聴くことのできない
ブラームスです。

ソナタ3番は、先生にレッスンして頂いた思い出の曲です。ほぼ全楽章をある日のレッスンで弾いて
くださったときは、興奮がおさまらず、楽譜を忘れて帰ってしまったことがありました。

再び圧倒されました。

この一枚のCDが目的で、60枚ものCDを買ったのですが、ブラームスの全作品を聴ける喜びも沸きます。1日1枚で60日間

『ピアノ協奏曲第1番、第2番』は、先生の友人であるカリン・レヒナーセルジオ・ティエンポのお姉さん)の演奏で収録されていました。「彼女のブラームスは素晴らしい!」と言われていたので楽しみです。

さらに、有名な、『ハンガリー舞曲集』は、ピアノ連弾版、ピアノ独奏版、オーケストラ版も入った徹底振り。

ワルツ集もピアノ連弾版と独奏版。

ピアノ作品では、あまり演奏されることのない、『二つのサラバンドやガボット、セレナーデ』。

ブラームスの珍しいピアノ編曲による『ショパンのエチュードP25-2』、『シューベルトの即興曲Op90-2』、『バッハのヴァイオリンソナタより』、『ウェーバーのソナタ終楽章』、などと盛りだくさんです。

ブラームス編のショパンは、髭をたくわえたショパンのようで面白いですよ。

なお、『51の練習曲集』は収録されていません。観賞用とは言える作品ではないので、省かれたのかもしれません。ナクソスから発売されているこの練習曲集は、一枚のCDでのトラック番号が80超えです(笑)


これから、まだ聴いたことのない、多くの教会合唱曲や歌曲もじっくり聴いてみたいと思います。

ブラームスにどっぷりつかってみたい方にお薦めですよ ☆☆☆☆☆

Jブラームス:作品大全集 (60CD)Amazon.co.jp

HMVでは完売となっていますが、全曲目リストを見ることができますよ。こちらです。

ちなみにアラン氏は同レーベルから、アルカンのピアノ作品集(2枚組)も出しています。
アルカンは、ショパンやリストを魅了させたフランスの作曲家です。
アルカン:ピアノ作品集(2枚組)Amazon.co.jp


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村



トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/246-fa98b926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: