上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



小学生の時、クラシック音楽に目覚めるきっかけとなった伝記漫画があります

バッハ、モーツァルト、ベートーベン、シューベルト、ショパン、の生涯を描いた「大作曲家シリーズ全5巻」(音楽之友社)です。

漫画で描れているだけあってとっても読みやすく、偉大なる音楽家がどのような生涯をおくったのかを知ることができます。

漫画の制作は、手塚治虫ひきいる手塚プロダクションだけあって、音楽家たちが本の中で活き活きと甦っています。


「今、練習中の名曲は、こうやって誕生したんだ

と知ったときは、子供ながら感動したものです。

また、聴いたことがない作品が登場すると、耳にして作曲家の想いに触れてみたい!と、好奇心が膨れました。

年表やヨーロッパ音楽地図も載っていて、子供でも立派に音楽史まで読めてしまえます。

レッスン室に生徒さんが待っている間に読んでもらいたいと置き始めてみました。

すると、手にとり読み始めてくれます。世代を問わず皆、漫画が好きなのですね

先が気になるのか、早めに来られる生徒さんも(笑)。

「自分の弾くバッハやモーツァルトが身近になってきた。」の言葉に嬉しくなります

興味ひきそうな読みやすい音楽書を、他にも置いてみます!


このシリーズ漫画まだ店頭に並んでいるか分かりませんが、アマゾンで中古本として出品されています。



お気持ちをありがとうございます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/250-5107d4f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: