上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ秋の気配を感じる今日この頃です、季節の変わり目は時間は流れているのだなと、妙に実感してしまいます。

プライヴェートコンサートで演奏してきました。お越し下さった皆様に感謝を申し上げます。


演奏者の登場の仕方として、下手(舞台に向かって左側)からの登場が通常で、巨匠ホロヴィッツは舞台、上手(右側)から「舞台の王様だ!」と言わんばかりに堂々と登場していました。

今回、演奏会場となった場所は、舞台後方からお客さんとのわずかな間を通り抜けて登場するという、これまでにあまり経験のない方法でした。これが、ボクサーがリングに向かう時に登場するかのような感じで、なかなかファイトが沸きました! お客さんの表情も通るたびに伺う事が出来るので、もっと楽しんで頂けるような演奏がしたいという気持ちも積もりながらの、コンサートとなりました。

名演奏家の舞台登場やステージマナーにも注目するのも、演奏会を楽しむ1つかもしれないなと思いました。
先日、友人宅で鑑賞させて頂いた、イタリアの名テノール歌手、フランコ・コレッリの舞台マナーは「ザ・ダンディズム(笑)」の極めでした!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/26-2e587456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: