上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イタリアの名ブランドといえば、プラダ、フェラガモ、アルマーニのファッションブランド、そしてフェラーリやフィアットなどの高級車。それらは、憧れと魅惑の存在となっていますね。

ピアノ界にも、”FAZIOLI”が誕生し、その絶品の音色は、世界中で高く評価されショパン国際コンクールでも公式使用ピアノとなりました。

イタリアが誇る最高級ピアノです。

数回ですが、このピアノを弾く機会がありましたが、崇高なる響きに包まれ昇天させられました。

そんなFAZIOLIを友人が購入されたと知り、早速弾かせて頂きに訪問しました。

音楽愛好家である友人は、このピアノの虜になり憧れつづけたそうです。

リビングの一角に、置かれたFAZIOLIからはオーラーが立ち込めていました

職人が手作業で3年を費やし作られており、ピアノの内部も家具のような美しさがほどこされています。

弾かせて頂くと、以前の記憶どおり、ため息でる音色の楽器でした。

この名器で、妻とホームコンサートを行わせていただきました。撮って頂いた一部の映像をYOUTUBEにアップしましたので、ご覧になってください!http://www.youtube.com/watch?v=f1B0qgCtRxs


G.アンダーソンのピアノ連弾編曲による、ハチャトリアン:剣の舞です。大切なピアノの鍵盤を何度も擦ってしまいすみません

T・Atuvizさんどうもありがとうございました!!





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/282-e2cf217a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: