上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自宅近くの映画館で、ナタリー・ポートマン主演「ブラックスワン」が上映されていたので見に行きました。
映画館で映画を見るのは、何年かぶりです。

チャイコフスキーのバレエ音楽「白鳥の湖」が映画に使われている、という情報しか知らずに鑑賞。

イメージしていた夢物語と違い、サイコサスペンスでかなり恐怖でした(笑)

しかし、心を激しく揺さぶるドラマチックなチャイコフスキーの音楽の一面が強く伝わってきました。

「白鳥の湖」には、コミカルな「4羽の踊り」あり、誰もが耳にする美しいメロディーの数々が親しまれていますよね。

このバレエ音楽を、とっても面白いピアノ音楽に、リメイクした作曲家がいます。

私の敬愛するロシアの作曲家、アレクサンダー・ローゼンブラットによる、『「白鳥の湖」ファンタジー』です。

毎回、個性的でかっこいい曲を作りだしていますが、この作品もローゼンブラットワールド全開です

「白鳥の湖」が、サンバ風、ジャズ風と様々なスタイルに変化していきます。さらにラフマニノフ風の豪快なロシアンピアニズムが加わり、次は何が起きるのかドキドキ熱狂させられます。

まるで映画のように

この曲を、若きロシア人ピアニスト、ニコライ・トカレフの演奏で聴けますよ↓↓

アレキサンダー・ローゼンブラット:チャイコフスキー「白鳥の湖」ファンタジー(Youtube)

前半(4羽の踊りが登場します。)
http://www.youtube.com/watch?v=_tmLVPMMyAg

後半(冒頭から有名な白鳥の旋律が登場します。)

http://www.youtube.com/watch?v=ViJd2F-ADKU&feature=related

7月2日のデュオコンサートでは、鬼才ローゼンブラットのエンターテイメント溢れる連弾曲も演奏します



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/284-bbf19fc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
王子役のダンサー以外の主要キャストはバレリーナではないが、それがちっとも気にならない見事な演技と編集だったので、余計なことを考えずストーリーを追うことができた。途方もない努力の賜物であろう。聖女と悪女、あなたはどちらに心惹かれるだろうか。バレリーナの執…
2011/05/19(木) 12:17:14 | 作曲♪心をこめて作曲します♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: