上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気候定まらないお天気がつづいていますね。

池袋ヤマハ店を覗いてみると、一角に”ピアノ編曲の世界”という熱いコーナーができていました。

今年はリストの生誕200年、リストはピアノ編曲作品(トランスクリプション)も膨大に残しているので、このジャンルにも光が当てられています。

リストは、オーケストラ、声楽、室内楽、あらゆる楽器の作品を、ただピアノに置き換えるのではなく、ピアノならではの演奏効果を巧みに用いた編曲を行っていますよね。

”トランスクリプションの父”と言える存在です。

編曲コーナーには、リスト、その弟子のタウジッヒとジロティ、フリードマン、ブゾーニ、グレインジャー、ファイジル・サイなど、ピアノの名手たちによる編曲ばかりです。

彼らの編曲からは、リスト以来さらに発展していったピアノ技法を、明確に見ることができます。

さすが偉人たち、面白いことを色々やってくれています(笑)

中には、音の洪水の中に、ようやく旋律を見つけ出せるほどの難曲も!


そんなに難曲ではなく、ピアノ編曲で何か弾いて見たいという方にお薦めは、ジロティ(リストの弟子でラフマニノフの従兄)の編曲です。

バッハの編曲を多数、その中には、ブゾーニ編曲の「シャコンヌ」を弾きやすくした編曲があります。
ラフマニノフも録音を残したサン・サーンスの「白鳥」は、シンプルながら美しいです。

これらが一冊に収まっているのが、シロティの顔が表紙となっている、電話帳のような厚さの楽譜です。

編曲ものだけではなく、ジロティが指使いやペダリングなどを書き込み校訂したショパンやスクリャービン、ラフマニノフの作品も入っています。演奏するにあたっての参考資料になりますよ。

ここの編曲コーナーで、あなたのトレードマークとなる1曲が見つかるかもしれませんよ!

バッハの平均率第一巻ロ短調 BWV855aが、ジロティによってこのように変身↓。
大好きなピアニスト グレゴリー・ソコロフの演奏で♪





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/294-f76da8ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: