上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スルタノフ神戸コンサートが終わり、東京のピアノスタジオで

スルタノフファミリーwelcomeパーティーが行われました。

ピアノ連弾 ピアノトリオ を即席で結成して、日本の歌、ロシアの作品を次々と演奏しながら、今回の出会いを喜び合いました。

音楽は、本当に言葉、民族の壁を越えて楽しめる、人類の共通の言語ですね


また、ロシアの音楽界、国の情勢の話題になり、生の声に熱中して聞き入ってしまいました。

セルゲイさんからは、アレクセイ・スルタノフが行っていた暗譜の強化法や、ロシアの子供たちのピアノ教育、ピアノメソードなどなど、興味深い話は尽きませんでした。

さらに、壮大な夢についても語ってくれました、言葉の端々に、偉大である兄への強い想いを感じました。

セルゲイさん、アレクセイに本当にそっくりなので、時折ぞくっとさせられます。


スルタノフ夫人には、アレクセイはあの小柄な体から、どのようにして魂揺さぶる力強い演奏をくりだすことが出来たのか、尋ねました。するとスルタノフは生前こう語っていたそうです。

「演奏に必要なのは、考える頭脳、そしてなにより大切なのは強い意志を持ったハート。」

観衆に向け、全身全霊を込めて演奏しつづけたスルタノフ、そしてご家族から、今回多くのことを教えて頂けました。

いつかテキサスやモスクワでも再会できることを祈りたいです!

雅敏は、ロシアでの愛称は ミーシャ となるみたいです。ミーシャ・グチンスキー(笑)


スパシーバ!セリョージャ!(セルゲイさんからのお土産、欲しかったマトリューシュカも!)




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/310-ec9572c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: