上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、青山学院大学で行われた「グレインジャー音楽祭」無事終えることができました。

お越し頂きました皆さま、本当にありがとうございました!。

グレインジャーに興味を持たれた熱心な方々が集まってくださりました。

初めてグレインジャーを体験された方々からの嬉しいお言葉の数々にも心よりお礼を申し上げます。


ステージ作りをしてくださった青山学院の生徒さんたち、快く譜めくりをしてくださった方々、音楽祭実行委員の皆さま、ご支援くださった方々に感謝の気持ちで一杯です。


今回の音楽祭は、宮澤淳一先生を中心に一年ほど前から準備が進められてきました。


グレインジャーとの出会いは随分と以前ですが、作品をまとめて演奏したのは、初めて、妻との2台ピアノを舞台で演奏するのも初となり、記念すべき音楽祭となりました。


選曲にあたり、膨大なデュオ作品すべてを聴くことからはじめました。

聴けばきくほど、極めて独創的なのに親しみある音楽に引き込まれていったのです。

幾重にもなる響きには、生命力があふれ、グレインジャーを聴くと勇気づけられ癒されました。

「音楽のパワースポット」を発見した気持ちです


音楽祭では、大澤健一先生の指揮による、くにたちウィンズ・合唱団のグレインジャー魂込められた演奏に圧倒されました。

嬉しいことに、デュオ演奏後のフィナーレでは、吹奏楽と2台ピアノによる「ガムサッカーズマーチ」に、参加させて頂けました。

共演が決まったのが、前日!リハーサルは急遽初見で弾き、夜中まで必死で練習に励みました。

エネルギーに満ちた吹奏楽の響きに包まれ演奏できたことは、貴重な体験となり本当に楽しかったです!

忘れられぬもう1つの思い出は、ピアノソロで出演された、ペネロピ・スウェイツ女史との、6手連弾共演


グレインジャー演奏のスペシャリストとして名高い、スウェイツさんの美音に寄り添うことが出来、感無量です。


グレインジャーを愛する方々に囲まれ演奏でき幸せでした。まだまだ深いグレインジャーの世界、さらに学び演奏し続けたいです。


グレインジャー音楽祭in京都はまた次回に!



リハーサル風景です。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/336-900c3b45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: