上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラストシティ・ランチタイムコンサートで演奏させて頂きました。

沢山の方々にご来場頂きまして、感謝でいっぱいです。ありがとうございました。

モーツァルト(ツェルニー編)レクイエムより始まり、ラテンの作曲家による作品によるプログラムでした。

日本(世界)初演の曲が並び、お馴染みの有名曲ではありませんが、熱心に耳を傾けてくださる観客の皆さんの好奇心に感動しました。


ラテン音楽への嬉しいご感想を頂けたこと、何よりの喜びです。

地球の裏側の音楽ですが身近に感じて頂けるよう広めていきたいです。

トークで言い忘れてしまいましたが、演奏しましたブラジルの作曲家ニャターリは、モーツァルト誕生から150年後の同じ日に誕生しました。

プログラムに偶然にもモーツァルトを加えたのは、運命だったかもしれません。

アンコールは、全曲演奏のリクエスト頂けた、モーツァルト(ツェルニー編)の「レクイエム」より「ベネディクトゥス」

ローゼンブラット「ロシアの主題によるコンチェルティーノ」でした。



今日は、西宮で開催される「珍曲音楽祭」(笑)にデュオ出演させて頂きます。


13人の演奏者による、日本初演のピアノ作品、編曲がずらりと並ぶコンサートです♪。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/372-6ca7bb0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
トラストシティ・ランチタイムコンサートで演奏させて頂きました。沢山の方々にご来場頂きまして、感謝でいっぱいです。ありがとうございました。モーツァルト(ツェルニー編)レクイエムより始まり、ラテンの作曲家による作品によるプログラムでした。日本(世界)初演の曲が...
2012/06/02(土) 12:19:54 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: