上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの更新となってしまいました。

妻の福岡リサイタル、無事終えることができました。
支援くださった皆様に心よりお礼を申し上げます。どうも有難うございました。

あいれふホールは、6年前に親友とジョイントコンサートを開催した懐かしの場所です。

今回のリサイタルのテーマは、「歌と幻想」

ピアノで歌わす、オペラや歌曲、作曲家たちのファンタジーあふれる作品が並びました。


「鍵盤の獅子王」バックハウスの編曲した難曲、モーツァルトのオペラ「ドン・ジョバンニ」よりセレナーデ

ツェルニーによる、モーツァルトのオペラ「フィガローの結婚」による華麗なる幻想曲は、実演や録音の極めて少ない作品でした。


ツェルニーは、練習曲集100番 30番 40番の苦い思い出ある作曲家かもしれませんが、この曲はそんなイメージを払しょくさせる楽しい曲なんですよ!

練習曲を頑張れば、こんな華麗な曲が弾けるという目標になるかもしれません。

楽譜が、練習曲のように楽譜店に並ぶことを願いたい1曲です。


私は、妻の演奏の合間に、曲目や作曲家にまつわるトークをさせて頂きました。

アンコールでは、ピアノ連弾で私たちのトレードマークとなりつつある「剣の舞」や「星条旗よ永遠なれ」で締めくくりました。

妻がヒートアップし飛ばす飛ばす!必死でくらいついていきました(笑)


妻の故郷である福岡で、新たな出会い、親友たちとの再会と、喜びあふれるリサイタルとなりました。


福岡は、本当によかとこです!ありがとうございました!



伊賀あゆみリサイタル2012   あゆみリサイタル福岡

ホールリハーサル風景。演奏される作曲家たちを、並べてみました。「星条旗よ永遠なれ」を得意とした、手を振るホロヴィッツが、お見送りです。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/398-7d0f21be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
久しぶりの更新となってしまいました。妻の福岡リサイタル、無事終えることができました。支援くださった
2012/11/18(日) 02:42:24 | まっとめBLOG速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: