上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロシアの若手ピアニスト、V.グリャズノフさん(Vyacheslav Gryaznov)の演奏を聴きに、六本木に行きました。

私と妻が、グリャズノフさんの連弾編曲を演奏していることを知ったコンサート関係者様からご案内を頂きました。

グリャズノフさんの演奏や数々の編曲を知ったのは、3、4年ほど前です。

ピアニストの八木良平さんから、「素晴らしい編曲を発見した」と教えて頂きました。

それは、グリャズノフさんがソロ編曲した、ラフマニノフの「イタリアンポルカ」(YouTubeへ)でした。

それ以来、注目してきた音楽家です。

7月に仙台で震災復興のチャリティーコンサートで来日された際、東京でも演奏会が催されチャンスがありましたが今回ようやく拝聴できました。

40席限定で行われた六本木シンフォニーサロンでのコンサート。

ピアノまで数センチの距離で聴けた、ロシアピアニズムに鳥肌の連続でした。

この距離で聴けたのは、タワーレコードイベントで登場したヴォロドス以来。

グリャズノフさんの演奏を一人占めで聴けているかのような贅沢な席でした。

弱音の美しさや、楽器をよく鳴らす奏法を間近で観察することもできました。

リストのソナタ冒頭で、大きく揺れる地震がありましたが、乱れぬ集中力。


会場の興奮冷めぬまま終演後の交流会で、色々とお話させて頂けました。

好きなピアニストの第一声は、「ラフマニノフ!つづいてホロヴィッツ プレトニョフ ソコロフ」


私たちのために連弾曲を用意してくださるかもしれません。本当に紳士で気さくな方です。

真っすぐに音楽に没頭する姿勢は、グリャズノフさんのお人柄そのものでした。

グリャズノフさんを長年、応援されておられる方々との出会いもあり、素晴らしい時間を過ごさせて頂けました。

本当にファンに愛されている演奏家です。


定期的に来日しレッスンもされておられるので、日本での演奏活動も増えていかれるでしょう。

是非、聴かれてみてください。次回、再び演奏を聴けること楽しみにしたいです。

グリャズノフさんピアノ編曲のチャイコフスキー:「ロミオとジュリエット」も!

これから会場販売された、グリャズノフさんのラフマニノフ作品集のCD(ロシア製)を聴いてみます。


グリャズノフ氏と  グリャズノフ ラフマニノフcd (クリックで画像拡大します)


グリャズノフさんの編曲楽譜と、プレゼントしたホロヴィッツ編曲楽譜(私の採譜版)を持って記念撮影です。


私たちデュオ演奏で、グリャズノフさん編曲によるビゼー:カルメンより「ハバネラ」
ハバネラがタンゴにボサノバに!http://www.youtube.com/watch?list=UUa9KObLNf6VaqRRm-SVXhjA&v=trJMqez3Q1k&feature=player_embedded#!





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/400-6f8266db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: