上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嬉しい怪我をしてしまいました。


怪我のおかげで15年来お付き合いさせて頂いている、世界的楽譜コレクター、夏井睦先生と初対面することができたのです!。

ピアノマニア界でも、医学界でも有名な方です。

昨日、派手に転んでしまいスーツが破けてしまうほど、膝に傷をおってしまい一夜。血もとまらず病院にいかねばと思いつつも、痛い治療は避けたい。

そこで、「傷は絶対消毒するな!」湿潤治療の創始者、夏井睦先生のHPで治療法を観覧中に驚きが!自宅近くの病院に4月から勤務されているではないですか。

すぐに車で、病院へ。診察室でがっちり握手をかわしました!

診察よりも先に盛り上がるピアノ話(笑)。夏井先生が愛奏されている、ホロヴィッツ編曲「星条旗よ永遠なれ」の楽譜を眺めている間に、看護師さんによって治療 が終わっていました。

夏井先生は「週刊 日本医事新報」のエッセイでもこの曲についても書かれたほど。

夏井先生との出会いも「星条旗」でした。当時夏井先生が運営されていた「超絶ピアノの世界」のHPに刺激を受け、私の採譜をお送りしたのは始まりです。

また、私がホロヴィッツ編曲の数々を採譜したのは、夏井さんとの出会いがきっかけでした。ピアノ超絶マニア道の恩師です。

今、世界中のピアニストが、夏井先生のお陰で貴重な作品を演奏できるようになったように、「湿潤治療」は怪我ややけどで苦痛な治療に耐えてきた人々に光を与えてくれています。

私の傷もすぐに綺麗になりますとのこと。

治療では、消毒や塗り薬はもちろん登場せず、傷口をプラスモイストというもので覆ったのみ。痛むような治療は全く無く、傷口のヒリヒリ感はすぐにとれました。

今まで常識とされたいた、傷口を乾燥させる、消毒しガーゼで保護するというのは、傷口の再生を余計に遅らせるだけでなく、痛みを伴わせる拷問を行っているだけです。

夏井先生の提唱する「湿潤治療」は、人間の自然治癒力を発揮させるにふさわしい環境作りなのでしょう。

今回、身をもってこの人に優しい治療法を体感しています。

帰り際、マニアックな楽譜まで頂きました!。夏井先生ありがとうございました。


湿潤治療について夏井先生のHP「新しい創傷治癒」で知ることができます。

早速今日の診察についてもHPで書いてくださりました。嬉しいことに、私たちデュオの演奏もご紹介頂いています
http://www.wound-treatment.jp/title_new.htm




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/419-22c878bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: