上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今月号の音楽誌「ショパン」8月号掲載、西村英士さん著「ゴドフスキー」を拝読。

新たな発見もあり、この偉大なる音楽家を知ることができる貴重な内容です!。

ゴドフスキー第一人者である西村さんは、医師であり、コンクールアマチュア部門で優勝の実績ある方です。

プリズム社から発売中のゴドフスキー「ショパンの練習曲に基づく53の練習曲」「ジャワ組曲」の楽譜校訂も手掛けています。

ゴドフスキーを語るのにとても文字数が足りなかったと話されていたので、続編を願いたいです。


ショパンが革新を起こした「左手のピアニズム」をさらに発展させた「左手の魔術師」。ピアノ界に与えた功績は本当に大きいですね。

ピアニストとしても「ピアニスト中のピアニスト」として崇められていました。

しかし完璧を求めるがゆえ、コンサートホールでや録音には真価は発揮されていなかったそうです。

ゴドフスキーの自宅で演奏を聴いた大ピアニストのホフマンは、友人チェイシンズに「今夜聴いたことを忘れるなよ、あの音を覚えておくんだ!世間に知られていないことは悲しい」と語っているほど。

ショパンと同じく、サロンや自宅など心許せる相手のみが天才的な演奏を聴けたのでしょう。


ゴドフスキーとの出会いは、チェルカスキーの弾くサンサーンス=ゴドフスキー編曲「白鳥」でした。

万華鏡のように変化する音色。まるで水面に反射する光がおりなす色彩のような響き。

ピアノからこんなにも美しい響きが発生するのかと、衝撃でした。

この白鳥をはじめゴドフスキーの作品・編曲に挑戦してきました。


知られているように、ゴドフスキーの編曲は複雑にからむ声部、異なるリズムによって演奏には困難を伴います。

それは、リストのような手の超絶もありますが、それ以上に頭脳の超絶。

右手と同様に、それ以上の動きを見せる左手への能力も必要でしょう。

しかし、その困難さの向こうには「美の極致」が待ち受けています。

山の頂上に咲く、美しい花々を目指したくなる。

それがゴドフスキーならではの魅力です。

私のお気に入りは、

「ショパンの練習曲による・・」のエオリアンハープ。万華鏡の美しさ!

ヨハン・シュトラウスの音楽をもとにした3つの作品は、19世紀ロマン派ピアニズムの結晶です。

シューマンの歌曲による編曲「君は花のよう」はとってもシンプルながら、ゴドフスキー色を味わえます。

シューベルトの歌曲による編曲「朝の挨拶」

シューベルトの「未完成交響曲」の主題による「パッサカリア」

ガムラン音楽をとりいれた「ジャワ組曲」この時期にぴったり!  などなど


ゴドフスキー大先生とはちょっとした縁がありました。

留学時代、ベルギーで指導頂いたアラン・ヴァイス先生は、ゴドフスキーの孫弟子でした。
(ゴドフスキー→サパートン→ヴァイス)

よりゴドフスキーへの愛が膨らみました(笑)


最後に、ゴドフスキーの弟子であり娘婿、サパートンの演奏をご紹介。

ショパンの2つのエチュードの同時演奏です。どの曲とどの曲の融合でしょう?進化させたピアニズムです。





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村



トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/436-24a29c04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: