上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
♪の上についている1~5の数字・・・・

この数字の配列でこれまで何度、感動的な出会いがあったことでしょう。
多くのピアニストが言及していますが、演奏困難な箇所の多くは、指使い(運指)に原因があると言われています。

色々な指使いを試し、自分に合う指使いを見つけ出すことによって、不思議なように解決する事があります。その指使いを発見した時にはなんとも言えぬ喜びがあります。

留学時代の恩師であったアラン先生は、素晴らしく超絶技巧の持ち主ですが、先生の使用される楽譜の♪には考え抜かれた指使いがぎっしりと書き込まれている事に驚きました。

今日ふと見た,
NHKピアノレッスン「ピアノでモーツァルトを」の楽譜テキスト、
講師であるワルター・クリーン独自の指使いに感動しました。
指それぞれの個性を、欲しい音色、必要な音色に合わせた指使いのように
思えます。
ショパンもこのような指使いを考える重要性を説いています。

名演奏家の指使いは、独創的なものも多く楽しませてくれます。

天才モーツァルトは鼻で弾いてもきっと素晴らしい演奏をした事でしょう!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/45-52a62051
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: