上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まもなく新年が目の前に迫っていますね。

今年一年の出会い、交流、ご縁に心より感謝です。

どうぞ素晴らしき新年をお迎えください、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年最後の更新です!


「カイユボット展」さらなる収穫は、ホロヴィッツが所有していたピカソの「腕を組んですわるサルタンパンク」(1923年)に初対面できたことです。

ホロヴィッツは、ピアノが置かれた自宅応接間にこの絵を飾っていました。

絵を購入したのは1940年、まさにヴィルトゥオーゾ演奏家として不動の名声を得た時代。

プロコフィエフの戦争ソナタ3曲をアメリカ初演し、「星条旗よ永遠なれ」「結婚行進曲」など一連の編曲を次々に生みだし絶叫させていたその演奏を、この絵は聴いていたのかと思うと興奮。

こんなにも鮮やかな赤色の絵だったとは!

この絵は、ブリヂストン美術館コレクションですので、いつでも観覧できるでしょう。

美術館を後にし寄った山野楽器銀座店で発見したCDへのポップ紹介文に、また血圧高まった一日でした。

ありがとうございます!




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/458-ebae086a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: