上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひさしぶりの更新です。気付けば広告が・・・

デュオブログの方では、随時更新してますのでご覧くださいね。

最近では、プロモーション映像公開、西宮の新響楽器でのコンサート、新たな連弾編曲の完成、京都の老舗カフェ、についてなどなどです。

こちらでは先日、幼なじみと新宿で会食しながら話題になったお話し。

函館産の新鮮なヤリイカをつまみながら話題になったのが子供の頃の習い事について。

彼と一緒に習い始めたのは「ピアノ」と「水泳」でした。

妻も「水泳」を小6まで週2回通い根性がつき、この2つを子供の時にさせてもらえて良かったと話が盛り上がりました。

私も今になって水泳を習っておいてよかったと思うことは、

・泳ぐという夏の楽しみができた。
・体力づくりができたこと。
・呼吸への意識(ピアノに大きく役立ちます)。

幼なじみは、その後ピアノを辞めましたが、コンサートに通ったり(私たちのコンサートは、ほぼすべて聴いてくれています!) 、様々な音楽を楽しめているのはピアノを習っていたお陰と語っていました。

私のまわりでも社会人になってピアノを弾かれたり楽しい音楽ライフをされている方に、幼少時のピアノ経験者が多いですね。

子供のとき練習が嫌いで辞めてしまった方でも、少しでもピアノを習っていて良かったと感じる日が来るのではと思います。

また、幼稚園や小学生の教員への進路を目指される方にとってピアノ経験が多いに役立ちます

子供の頃に音楽に接すること、全身を動かして泳ぐことで人生の楽しみが膨れ上がることを実感し合えた夜でした。

もし、お子さんに何を習わせようとお考えのお母様へ

是非、まずは「ピアノ」を、そして「水泳」をと強くお薦めいたします


美味しイカったー!(笑)


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/467-90b11ff6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: