上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すみだトリフォニー3 すみだトリフォニー4 sumida

1月31日のすみだトリフォニーホールでのリサイタルでは、大変に寒い中、沢山の方々にお越し頂きまして、誠に有難うございました。またサポートして頂いた方々にも、心より厚くお礼を申し上げます。
 観客の皆様の暖かい雰囲気と拍手、ご声援を有難く身に染み込ませながら、音楽を楽しみ、パリでの雰囲気を思い出しながら、演奏をする事が出来ました。

 初めて演奏するホールでしたので、リハーサルでは調律士の方のアドヴァイスを頂きながら、ピアノの位置決めを行いました。ビアノもとても良い状態に調律をして下さったので、ホールのスタインウェイと、段々と打ち解け合いながら仲良くプログラムを弾き進めていきました。

 舞台の上でピアノを演奏しながら、ホールの響きやピアノからだけでなく、演奏者は観客の方々の雰囲気や伝わってくる空気からも、インスピレーションを与えられているのだなと改めて感じました。だからライブならではの、その瞬間の演奏が生まれるのだと思います。
今後も、より身近に音楽を感じて頂けるような演奏会を目指して行きたいです。

 リサイタル後、休む間もなく、神戸の大学で実技試験の審査などをしてきました、神戸から東京に戻ると、近所の子供達が作ったのか、雪の鎌倉が出来ていて驚きました。積もっていた雪景色を見たかったです。来週は関西の楽器店でセミナーとミニコンサートをさせて頂きますので、準備に頑張ろうと思います。
 今後の演奏会の企画や予定の詳細が決まりましたら、この場でご案内させて頂きたいと思います。

 皆様とまた演奏会でお会い出来る日を楽しみにしながら、日々精進しアイデアを練っていこうと奮起しています!!終演後の励ましのお言葉にも感謝しています、アンコール曲の質問を頂きましたので以下に記載します♪

~アンコール曲~
ローゼンブラット:ファンタジー(日本でおなじみのメロディーによる)
山口雅敏:「アラベスくまん蜂」~ブルグミューラ「アラベスク」とリムスキーコルサコフ「くまん蜂の飛行」によるファンタジー(ローゼンブラットに捧ぐ)
モーツァルト=ファジル・サイ:トルコ行進曲によるジャズファンタジー
ピエール・サンカン(山口版):オルゴール


コメント
この記事へのコメント
2011/12/15(木) 09:55 | URL | tzfwrrwqqjn #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/tb.php/9-6c64537f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: